ミルク多め。

彼女のヒモを目指す過程を綴ります。働かずして美少女に養われたい。ネクストブレイクの美少女紹介・瀬戸内グルメ・仕事の話まで。twitter@rukiliar

死の背景を考えてみる漫画「死役所」がめっちゃ面白いですよ。

f:id:rukiliar:20180721221912j:plain

f:id:rukiliar:20180721221912j:plain

こんばんは。ヒモブロガーのるきです。

 

 

さてさて。今日は漫画の紹介。『死役所』という漫画です。

別記事でも漫画は紹介させていただきましたね!

www.rukiliar.com

 

今回はひとつだけピックアップしてご紹介します。

 

www.comicbunch.com

 

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。魂抉る、死者との対話。

 

 

場所は死後の世界。

死んだ人は、全員まず死役所という役所とになります。

死役所には自殺課、他殺課、病死課、故死課などなど課があります。

死因によって課を訪ね、どういう経緯で死んだのか?を思い出しながら書類を記入し申請をし、成仏するというのが一連の流れ。

 

主人公は死役所に勤務する(彼も死んでますけどね)シ村さん。

総合案内として、死役所に来た全員を各課へご案内するのが彼の仕事。

 

死役所は各話完結型になっています。死んだ人の「生前の記憶」を辿りなぜ死んだのかを思い出す、というのがメインです。

これだけ聞くとそれだけかーいと思われるかもしれませんが、

生前の記憶と辿るってめちゃくちゃ面白いんですよ!!

 

死役所に来たが、自分が死んだことにすら気づいていない人。

自分の死を受け入れられない人。事故死だと思っていたが他殺だった人。

 

死を元に、その人の人生を走馬灯のように振り返ります。

人の価値観、大事にしているものとか、醜い部分とか。スカッともグサッともしない、もやもやした気持ちを抱えながら読める重たい内容です・・・。

 

 

 ebookjapanなら立ち読みもできますね。

 

むっちゃくちゃ面白いです。時間のある時、気軽に読める内容なので。ぜひ。

お客様は仏様ですから。