ミルク多め。

彼女のヒモを目指す過程を綴ります。働かずして美少女に養われたい。ネクストブレイクの美少女紹介・瀬戸内グルメ・仕事の話まで。twitter@rukiliar

2018年ドラフト終了! 楽天イーグルスのドラフトとポイントを振り返る。

f:id:rukiliar:20181026005817j:image

 

こんばんは、るきです。

 

 

いやー今年もドラフト会議は大盛り上がりでしたね。

注目はやはり甲子園で活躍した高校球児たちですね。

大阪桐蔭の根尾選手、藤原選手。報徳の小園選手、金足農業の吉田選手。

特に吉田投手は甲子園で一気に評価を上げました。

高校生が注目されがちですが、東洋大の投手ビッグ3である甲斐野投手、梅津投手、上茶河投手も注目されていました。

 

僕は実は東北楽天ゴールデンイーグルスの大ファンでして、高校野球や大学野球も好きでよく見ます。

なので、今年の楽天のドラフトを振り返っていきます!

 

1 辰己涼介 立命大 右左
1回目入札 藤原恭大 ×
2回目 交渉権獲得
2 太田光 大商大 右右
3 引地秀一郎 倉敷商高 右右
4 弓削隼人 SUBARU 左左
5 佐藤智輝 山形中央高 左左
6 渡辺佳明 明大 右左
7 小郷裕哉 立正大 右左
8 鈴木翔天 富士大 左左

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36918540V21C18A0000000/

より引用。

 

1位で大阪桐蔭の藤原選手を入札。しかし外れ。

楽天は基本公表をしないので(平沢くんくらい)、直前まで誰を指名するかわかりませんでした。僕も根尾くんだと思ってました。

石井GMが野手でいくと言ってたので、1位2位は即戦力+素材型野手になるのかなーと。

仙台大の馬場選手とか熊原選手とか、今回の吉田選手もですけど、意外と地元の1位候補ってスルーするんですよね。まあ平沢選手とか外しましたけど・・・。

 

そして外れ1位で立命館の辰己選手を指名。4球団が競合になるものの無事交渉権獲得!!

関西リーグで122安打を積み重ねた今年の大学生野手ナンバーワン。これは非常に大きな獲得です。

楽天も外野がいないことはないですが、オコエが思ったより育っていないことを考えると、今年ブレイクした田中以外はほぼ白紙です。島内がおそらくレフトで出るため、強肩のライト候補はほしところ。打撃だけでなく、俊足強肩の外野手は補強ポイント。

 

そして2位では大商大の太田光選手。同姓同名っすね。

楽天はキャッチャーも補強ポイント。オフに山下が入団したものの、嶋と足立は高齢。後継者が必要だったところ。

太田選手はバッティングこそ微妙ですが、リードや投手の信頼感は高い。

守備型の選手だそうな。

ただ、梅津や東妻や野村が残っていたことを考えると、最下位で有利なタイミングで捕手指名は若干気になります。来年有力株いなかったのかな。

捕手って本当に難しいですよね。年々数も減ってきていて、打てる選手はコンバートされているという。太田選手も他がいないから感が若干あります。

 

3位では星野監督の母校、倉敷商業の引地投手。

150キロを超える剛腕投手。今年は甲子園こそ出られなかったものの、夏の大会前から評判は高かった選手。素材型の投手ですね。しっかり育ててほしい。

 

あと気になるのは6位の渡辺選手。

横浜高校の渡辺監督のお孫さんだそうな。

内野はどこでも守れる器用さと、アベレージヒッターとしての能力は高い様子。

 

楽天はいま基本的に先発以外は手薄なので、まあどのポジションでもありがたい。特に内野はUZRが結構なマイナスなので、野手はしっかり強化していきたいですね。